医療費控除

医療費控除とは、みなさんのご家族の分も含めて、1年間に支払った医療費が基準額を超えるとき、税務署に確定申告することにより、その超過支払い分の医療費が課税対象の所得から控除され、税金の一部が還付される制度です。

手続き方法などくわしくは、最寄りの税務署へお問い合わせください。また、国税庁ホームページからも調べられます。

医療費控除の手続き方法がわかるほか、画面上で確定申告書等が作成できます。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、医療費控除制度の特例として、『セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)』が施行されています。

制度の概要

健康の維持増進および疾病の予防のために健診や予防接種等を受けていて、かつ、制度対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2,000円を超える場合、確定申告を行うことにより、1万2,000円を超えた額(上限金額8万8,000円)をその年分の総所得金額等から控除できる制度です。

  • ※OTC医薬品:薬局やドラッグストア等で医師の処方せん無しに購入できる薬(一般用医薬品・要指導医薬品)のこと。

担当窓口 保健課

TEL. 076-263-3367 / FAX. 076-263-3384
受付時間 8:30~12:00、13:30~17:00(土日祝日・年末年始を除く)